ものりりの日常ブログ

「ひっそりと物理や数学を解説する」で中学数学、高校の物理基礎・物理、高卒認定(数学・物理基礎)の解説や勉強法、科学などについて解説しています。 このブログでは日常の出来事や考えたこと、好きなこと、教育に関することを書いていきます。

いまだに海に入るのはちょっと怖いという話

f:id:mononori:20190627100836j:plain

みなさんは海好きでしょうか?

ぼくは海は嫌いではないのですが、海に入ることは少し恐怖を感じてしまいます。
小学生の頃に初めて海に行ったときからいまだにです。

基本的に小学生の頃に感じた怖さを引きずっているのですが、なぜぼくは海に入るのがちょっと怖いのかを今回は書いていきます。

広すぎる

歌にもありますが海は本当に広いです。
初めて見た時も「どこまで続いているんだ」と衝撃を受けました。

ここにまず恐怖を感じました。
遠くに行ったら戻ってこれなそう、誰も助けにきてくれなそうという怖さがあり、海に入ったとしても手前の方にしかいきませんでした。

結構ガンガン離れたところまで行く人を見ると大丈夫かなと心配になってしまいます。

深い

次は深さに恐怖を感じました。
先程も述べたのですがあまり遠くまで行くことがなかったので、そこまでの深さのところまでは未経験なのですが足が底から離れるほど怖さがあります。

ぐんぐん潜って行く人がいたりしますが、戻ってこれなかったらどうしようと思ってしまいます。

また、暗さもましてくるので周りがよく見えないというのも不安感を抱いてしまいます。

何がいるのかわからない

最後に何がいるのかわからないという恐怖です。
ぼくの行ったことのある海はそこまで澄んでいないところばかりだったので、基本的に海の中が潜らないとよくわかりません。

よく見えないということが、毒を持っているやつがきたらどうしよう、大きいやつがきたらどうしようと悪い方へ考えてしまいます。

よくサメの映画を見たりしていたこともあってか、いきなりサメがくるんじゃないかとも思ってしまいます。

最後に

海がちょっと怖いということを話してきましたが、きれいな海の映像やダイビングの様子を見ると海に魅力を感じることもあるので、嫌いというわけではないです。

潜って水中を探索してみたり、船に乗って遠くに行ってみたいという気持ちもあります。

いつの日か今ある海への恐怖心がなくなって海のよさを存分に感じられればなと思います。